腸内環境を整える|乳酸菌の健康補助食品が注目を集めている

このエントリーをはてなブックマークに追加

中性脂肪を下げる成分

サプリメント

中性脂肪を下げるには

本来中性脂肪は、人間にとって予備バッテリーとも言うべき存在であり、また生命活動を行う上でなくてはならないものです。しかし中性脂肪は余ると脂肪として蓄えられますし、また過剰な中性脂肪が血液中に流れることで健康にさまざまな弊害をもたらすことになります。このため中性脂肪は適正な量に抑えることが健康のためにも大切とされます。中性脂肪が増える仕組みとしては炭水化物やタンパク質、脂質などを身体に取り込むことで発生します。特にお酒を摂取すると中性脂肪が増えるのは糖分のほかアルコールを分解する過程で中性脂肪の合成を促す酵素が発生するためです。一方で、お酒は中性脂肪を増やしてしまう性質がありますが、反対に中性脂肪を減らす作用があるのが青魚などに含まれるDHAです。

摂取するさいの注意点

DHAは、ドコサヘキサエン酸のことで必須脂肪酸のひとつになります。DHAは常温では固まりにくい不飽和脂肪酸で人間の細胞にも多くのDHAはが含まれています。これらは細胞を維持する上で重要な役割を果たしていますが、一方で血液がサラサラになると言われる成分でもあります。DHAは体内に取り込まれることで、肝臓での中性脂肪の合成が抑えられ、中性脂肪とコレステロールの血液中への放出量を減らすことができます。この放出を減らす作用がDHAが中性脂肪やコレステロールを減らす理由です。またDHAは赤血球を柔らかくする作用があり、これが血液がサラサラになる理由です。DHAは、青魚など普段の食事でも摂取することができ、一般食品にも添加されるほどポピュラーな存在となっています。また高濃度のDHAが含まれた健康食品も販売されており気軽に摂取することができます。